しわ・多汗症に
ボトックスは、神経伝達物質のアセチルコリンの伝達を弱めることにより、しわを作る筋肉の力を押さえたり、脇の下や手の多汗症を治療 したりすることの出来る薬です。

効果は2〜3日以内に現れ、1〜2週間でピークに達し、3〜6ヶ月持続します。
効果が薄れて再びしわが出来るようになった場合は再度ボトックスを注入します。
2年間程度しわの出来ない状態を続けると、しわを寄せる癖が無くなり、しわを作る筋肉が細くなり、その後は注入しなくてもしわの目立たない状態が期待できます。

ボトックスは世界中で使われて25年以上経ち、その安全性が証明されています。
現在もアメリカでは年間150万件以上使われています。

詳細に関してはAlagan社のホームページをご覧ください。
しわの治療
  • 眉間
  • 目尻
  • 鼻根部
  • 口周囲
  • 口角